2008年 03月 17日 ( 1 )

在日コリアンの晩ゴハン






タイトルに在日コリアンの晩ゴハン・・・とありますが

我が家の晩ゴハンではなく、今日はダンナの実家のおかずを紹介したいと思います。 (週末お泊りに行ったところ、見事に韓国料理フルコースだったので・笑)





a0095903_17113474.jpg


メンテのみそ焼き。


メンテとは助惣鱈の事です。(訛りで「ミョンテ」や、「ミンテ」と呼ぶ方もいらっしゃいます。)

干してあるメンテにお味噌・みりん・にんにくなどで作った特製味噌をたっぷりつけて

じっくりじっくり、弱火で焼きます。

この少し焦げた部分が香ばしくておいしい!

味も濃い方なので、この一切れでお茶碗いっぱいの白飯を軽く食べれちゃいます。







a0095903_17154314.jpg


カルチの煮付け。(カルチは太刀魚のことです。)


身の柔らかいカルチは塩焼きもおいしいけれど こうやって煮てもすごくおいしいです。

大根にお魚のおいしい出しが染みて絶品。







a0095903_17174614.jpg


牛蒡と鶏肉の煮物。


ダンナの実家に行くとこの煮物が必ずあります。

ストーブの上でコトコト煮込まれた煮物はほっこりおいしいです。








a0095903_17202091.jpg


じゃこのピリ辛炒め。


このブログでもちょこちょこ登場するじゃこ炒め。

在日コリアンの家庭の中で一番作られているおかずじゃないのかな。

時には自分のオモニから、そしてシオモニ(お義母さん)から、友人から。

じゃこ炒めはいろんな方から頂きます。 自分ではあまり作りませんが(・・;)



先ほどから気付いている方もおられると思いますが、

どのおかずにも、とにかくプッコチュ(韓国唐辛子)のぶつ切りが大量!!
(パプリカや赤ピーマンと思われた方、違いますよ~笑)

このプッコチュはシアボジ(お義父さん)が庭で作ったもの。

夏に大量に作った唐辛子を冷凍し、料理にたっぷり使います。

我が家の冷凍庫にもこの唐辛子は常にストックされています。


ダンナの実家での晩ゴハンは辛い物だらけで 傍から見たらすごい!と思われそうですが プッコチュの辛さは後をひかないので、意外と平気なんですよ。

粉唐辛子と違い、プッコチュはなかなか手に入りにくいですが

お見かけになった際にはぜひ料理に使ってみてください。






***






a0095903_1727671.jpg


ダンナの実家では、日曜日はいつもお肉。

今回もこんなに上質なお肉が用意されていました☆











a0095903_1728887.jpg


ホットプレートで焼肉。


お肉の味付けは私に任されています。

と言っても、たれを作ってる横からシオモニが大量のニンニクを入れてくるので 殆どニンニク味というか… 元気いっぱいになりそうな味です。笑




ダンナはこんなおかず達が大好き。

子供の頃から食べ慣れた味でもあるから、私にもきっと望んでいる味なんでしょう。

でも、まだここまで韓国料理一色に染まりたくない私。

色んな味を食べてほしいし、子ども達にも色んな味を知ってほしい。

せっかく日本で生まれ育っていることだし、和食のおいしさも分かってほしいです。


ん十年後には我が家も↑こんな晩ゴハンになっているんでしょうか!?






***






a0095903_1734155.jpg
辛い物だらけの画像の後には甘い画像を。


ダンナからのホワイトデーのプレゼントです。

必殺・不〇家のケーキ!!笑





結婚して数年間、ずーっと変わりません。

あ、今年はアイスもチョイスしてくれてます(^u^)






***






↓参加はじめました☆  宜しくお願いします♪



a0095903_1743677.gif 


にほんブログ村 料理ブログへ





[PR]
by akkii_risa | 2008-03-17 17:35 | 韓国料理